ホワイトD(ドロマイト系石灰)

【特徴】

  • 水に溶かしても熱の発生は全く無いため、作業安全性が高い。
     (通常の生石灰は水と反応し沸騰、100℃近い高温になる)
  • 石灰のメッシュが細かいため、水に良く溶けキメの細かい石灰乳となる。
     (ノズル等への詰まりが少なく、作業効率が格段に向上)
  • 付着性が高いため、塗布後の持続性が良い。
     (通常の生石灰では添着剤を混ぜるが、それでも付着は弱い)
  • 畜舎屋根や外壁等に塗布することにより、暑熱対策資材としても使用できます。
     (夏期の畜舎内温度低減効果の実証済み)
  • 金属に対する腐食性を抑える効果もあるため、畜舎の鉄柵・配管などへの塗布も心配ありません。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

石灰塗付後の牛舎

ドロマイト石灰塗布後の牛舎

石灰塗付後の鶏舎

ドロマイト石灰塗布後の鶏舎

石灰塗付後の豚舎 

ドロマイト石灰塗布後の豚舎

 

 

 

 

 

 【使用方法】

  • 石灰塗布の場合
      ポリバケツ等で水約40リットルに対し、ホワイトD20kg1袋を入れ(ホワイトD:水=1:2)
      よく撹拌し、乳状にして塗布します。
       <20kg1袋で約30~40㎡塗布できます>
  • 粉末状での直接散布の場合
      農場の入り口、畜舎周辺の土壌などに粉末の状態で直接散布使用もできます。
      散布により除菌とともに、嫌な臭いを抑える効果も発揮します。
  • 踏込み槽に使用する場合
      プラスチック製等の容器に深さ3cm程度のホワイトDを入れます。

 

(*)内容・料金その他についてのお問合せは、お問合わせページより専用フォームメールにてお願い致します。