BPV染色液

生乳をバルクから工場への出荷時の顕微鏡検査の際、使用する染色液

  • 染色への乾燥が不要で水洗時に試料の脱落が殆どない
  • 水洗も粗水洗でOK
  • オペレーターの目の疲れも考慮し、細菌は青色、多形核細胞は淡青白色として識別がより鮮明
  • 塗抹から鏡検終了まで3分間程と極めてスピーディ

500ml,100ml

500ml,100ml

染色した試料

染色した試料(鏡検画像)

 

 

 

 

 

 

 

BPV染色法】

  1. 検査生乳を十分に振とうする             
  2. ピペットにより10μ(0.01ml)を採る
  3. 誘導版(正方形)上のスライドグラスに吹き出す
  4. 塗抹ヘラにてなぞり、誘導版に合わせる
  5. 50℃ホットプレートに45秒乾燥させる
  6. BPV染色液に浸漬
  7. 粗水洗をする
  8. 本水洗い(流水でOK)
  9. キムワイプ等で水滴を拭う
  10. 55℃~60℃で50秒程乾燥させる
  11. 顕微鏡により鏡検を行う         塗抹から鏡検終了まで3分間程

 

(*)内容・料金その他についてのお問合せは、お問合わせページより専用フォームメールにてお願い致します。