Archive for ◊ 6月, 2014 ◊

• 土曜日, 6月 28th, 2014

久しぶりのWebページ更新です。
お世話になっている皆様にWebページの更新を催促いただきましたこと、
とても有難く思っております。この場を借りてお礼申し上げます。

さて、今年の4月からは、PED(豚流行性下痢)への対応で忙殺されておりました。

北海道内では、4月10日に森町で発生が確認されて以来、6月13日までに21例、13市町村、13315頭の豚にPED感染が確認されています。
北海道上陸から2ヶ月が経過しましたが、感染拡大の勢いは衰えていません。
思い起こせば、4月上旬、青森県で発生したという知らせを聞き、「来るぞ!」と危機感を持っていた直後に、森町での発生を知りました。

4月11日の午後、道農政部による緊急対策会議が開かれ、養豚業者の皆さんをはじめ、関係者約60人が参加しました。
私もこの会議に参加しましたが、道の担当者から、農場の出入りの人や車両の消毒の徹底について注意がありました。

弊社としても、未だ感染ルートが判明しないので、「徹底的に消毒を行う事しか防除の手段がない」と考えています。

ユーザー様には、ドロマイトホワイトD石灰またはファームガードV石灰を豚舎内に頻繁に行って、消毒を徹底いただくようお願いしています。
PED防除には石灰と逆性石鹸は有効と示されており、
車両のタイヤや、長靴は、逆性石鹸による噴霧消毒が、多くの農場で行われているようです。

しかし、この消毒に盲点はないでしょうか?
次のような場所の消毒はきちんと行われているでしょうか?

1)車両全体、特にタイヤハウス、ハンドル、アクセル、ブレーキ等のペダル等々
2)ヒトの体
3)屠場(他農場間と接触する場所です。ヒトの衣服にも接触します。)
4)搬入の荷物への消毒
5)畜体
6)空気

車両全体やタイヤハウス等は、逆性石鹸の噴霧が有効でしょう。
ヒトの体や屠場では、アルコール73%や逆性石鹸500倍の噴霧、またはベッセルジアスイ(次亜塩素酸水)50ppmの直接噴霧が有効と思われます。
さらに、搬入荷物や畜体、空気の消毒となると、噴霧しても濡れないことや、食品規格の薬剤である必要があります。

弊社では、PED防除について、さまざまなご提案をさせていただいております。
お気軽にご相談ください。

(代表:梅原健治)

Category: News